2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 東北太平洋沖の大地震の被害者の皆様へ | トップページ | 「コンクリートが命を守る」 »

2011年3月14日 (月)

救助に向かう米兵に対するオバマ大統領の演説

おはよう、諸君。
後一時間足らずで、諸君ら140名は、極東に向かって旅立ち、史上最強の敵と交戦する。
時を同じくして、世界各地の米兵たちも、他の35隻の原子力空母で、同様の救助に向かう行う手はずだ。

諸君がまもなく赴く戦いは、人類史上最強の救出活動となるだろう。そう、人類史上最強の・・・・
人類・・・・・この言葉は、今日、我々全員にとって、新たな意味を持つ。地球に対する今回の暴虐行為に少しでも意味があるのなら、
それは我々人類が共有するものの大きさに気づかせてくれた、という点につきるだろう。
今回の侵略は、この惑星で共に生きるのがういうことかを、新たなる視点から見直させてくれた。
人間同士の無数の差異など瑣末事でしかないことを痛感させ、共通の利益というものの意味を実感させてくれた。
そしてさらに、歴史の方向を変え、人間であることがどういうことかをも定義し直してくれた。
今日このときより、世界の諸民族と諸国家がいかに深く相互に依存しあっているかを、我々は決して忘れることがないだろう。

諸君は日本を愛し、この日本を守り抜くために自らの才能と技術を差し出し、命すら投げ出す覚悟を固めている。
諸君と共に戦列に立てることを、私は心から誇りに思う。

3月11日は日本の祝日だけではなく、地球上のあらゆる国家が肩を組み、こう叫ぶ日となるだろう。
”我々は決して従容と死を受け入れたりしない!我々は生き続ける!生き続けてみせる!”と。
その日こそ、我々は真の独立記念日の祝うのだ!

アメリカ軍作戦名
「Operation Tomodachi」

今回の震災は、本当に悲惨なもので、被害にあわれた方々の心境を思うと、本当にいたたまれないのですが、ある意味、太古の昔より、人類が大自然の猛威の前に、助け合いながら生き延び、繁栄してきたということを、思い出させられたような感じがします。

ツイッター等でも、「せめて私たちにできる協力は、節電すること」などの書き込みが多数見られ、こういう時にこそ、何とか支援したい、助けたいという思いで一つになれるんだなーと、ちょっぴり感動しています。

原子力空母「ロナルド・レーガン」を仙台沖に派遣し、ほとんど、戦争並みの大規模な救援作戦を展開することを表明しているアメリカ・オバマ大統領の演説に、単なるお題目ではない真の「友愛」とはいかなるものかを、垣間見たように思いました。

« 東北太平洋沖の大地震の被害者の皆様へ | トップページ | 「コンクリートが命を守る」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ツイッターから拝見させて頂きました。
水を差すようで申し訳ないのですが、非常に大事なことなのでお伝えします。

本演説、「Operation Tomodachi」という作戦名は事実ですが、演説の内容は映画『インディペンデンス・デイ』からのセリフをそのまま引用しており、オバマ大統領が実際に演説したものではないという見方が強まっています。ツイッターでもデマであることを指摘する声が多数上がっています。念のため、個人的に元となる英語の原文、または動画を、日米の大手メディア等で探しましたが見つかりませんでした。

もちろんアメリカからの支援には対しては、人種・国境を越えた救いの手として深く感動しております。だからこそ、このデマは、風評被害抑止の観点からでも、是正していく必要があると考えます。

もし、信頼できる一次情報へのリンクなどを添えて頂けると安心ですが、おそらく見つからないと思いますので、少なくとも「創作の可能性が高い」または「一次情報が未確認」といった注記を付加して頂ければと思います。

お気を悪くされたら申し訳ありません。できるだけ正確な情報を届けたい気持ちからの助言ですので、ご理解ください。

なお、今回の地震関連でネット上に流布されたデマをまとめたサイトがございます。一度ご参照頂ければと思います。
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救助に向かう米兵に対するオバマ大統領の演説:

« 東北太平洋沖の大地震の被害者の皆様へ | トップページ | 「コンクリートが命を守る」 »

他のアカウント

ツイッター

最近のトラックバック