2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 拡散希望 外国人登録がなくなる! 2012年7月施行 | トップページ | 中国大使が送り付けた脅迫文の内容 »

2012年5月17日 (木)

中国大使の日本“恫喝文”を入手!チョ~過激な中身とは

中国の程永華駐日大使が、日本の国会議員複数に送った「抗議文」を入手した。都内で開催中の「世界ウイグル人会議 第4会代表大会」(17日ま で)に出席・賛同したことを批判する文書だが、「中日関係の妨げになっています」「日本自身の安全にも害がある」と記載されるなど、恫喝文といえ る内容なのだ。一読して、怒りに震えた議員もいるという。

 「これは日本への脅迫ではないのか! 武力攻撃でもするつもりか」

 民主党の向山好一衆院議員はこう語り、怒りをあらわにした。文書は会議が始まった14日、封書で議員会館に届けられた。差出人は「中華人民共和 国駐日本国特命全権大使程永華」とあった。

 内容は、チベットとウイグルは中国のおかげで経済発展を遂げており、人民は権利が保障されて幸せに暮らしている、不法な独立運動に日本は加担し ないように-と要請するものだが、以下に抜粋したように、文面が高圧的なのだ。

 「『チベット独立』勢力を支持せず、舞台を提供せず、いかなる形でも接触しないことを希望する」

 「日本政府が(世界ウイグル会議開催)を認めれば、中国の安定と安全利益を損なうだけでなく、日本自身の安全にも害がある」

 まるで日本の安全を脅かすような文言ではないか。玄葉光一郎外相も16日、「適切に対応すべき」とした。

 程大使は創価大学に留学経験があり、在日大使館勤務を複数経験した日本専門家。日本語にも堪能で、文書の意味を理解しているとみられる。

 同じ文書は、たちあがれ日本の平沼赳夫代表や、自民党の古屋圭司衆院議員など、与野党の複数議員に送られていた。向山氏はいう。

 「中国が日本に内政干渉をするなというのなら、中国こそ、靖国参拝や教科書の内容などに干渉してくるべきではない。そもそも、中国がチベットや ウイグルで人権が認められているというのなら、どうして報道が規制されているのか」

 向山氏は即、程大使宛てに「『日本自身の安全にも害がある』というのは、どういう害を想定しているのか?」という質問状を送り返した。

zakzakより
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120517/plt1205171548006-n1.htm

« 拡散希望 外国人登録がなくなる! 2012年7月施行 | トップページ | 中国大使が送り付けた脅迫文の内容 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国大使の日本“恫喝文”を入手!チョ~過激な中身とは:

« 拡散希望 外国人登録がなくなる! 2012年7月施行 | トップページ | 中国大使が送り付けた脅迫文の内容 »

他のアカウント

ツイッター

最近のトラックバック