2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 「オスプレイ配備への反対運動」の原因は、安全性の問題ではなく、マスコミの報道姿勢の問題である。 | トップページ

2012年10月31日 (水)

復興予算を中韓に流し、マスコミへの口止め料に流用する民主党

日本人が知らない政権末期の民主党がやっていること
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1978.html

◆復興予算の流用 21億円が中韓友好促進団体に使われることが決定
東日本大震災の復興予算が、復興とかけ離れた事業に転用されていた問題で、総
事業費72億円の青少年国際交流事業が注目されているが、全体の約3割、約
21億円が中国と韓国との友好を促進する2団体に支出されていた。
2団体のトップは、民主党の大物議員と外務省OB。尖閣諸島や竹島をめぐって
中韓両国が増長した背景に、民主党政権の弱腰・迎合外交があるとの指摘もある
が、国民はこの復興予算に納得できるだろうか。

問題の事業は、外務省の「アジア大洋州地域、北米地域との青少年交流」。
震災の「風評被害を抑える」という名目で、41の国・地域の高校生や大学生を
招き、被災地との交流を行った。

総事業費72億円は、事業を行った外郭団体などに拠出された。中韓関連でいう
と、「日中友好会館」に14億6800万円、「日韓学術文化青少年交流共同事
業体」に6億3400万円で、計約21億円になる。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121018/plt1210181552007-n1.htm

41の国・地域の高校生や大学生を招き、被災地との交流を行うことと、まだま
だ復興という状態から程遠い被災地の人たちのために使うことのどちらが大切な
のかは明らかである。
国民が政治に興味がないことから民主党は被災地の復興のお金を中国や韓国に
使っているのである。
「日中友好会館」や「日韓学術文化青少年交流共同事業体」などの名称が並ぶ
が、要は復興費を中国や韓国の団体へあげているのと同じである。

これを勝手に決めたのは文中にある、民主党の大物議員と外務省OとはB、民主
党の江田五月参院議員と日韓学術文化青少年交流共同事業体の日本側代表である
「日韓文化交流基金」の内田富夫理事長は外務省OBである。
いわゆるマネーロンダリングの一つで、政権が崩壊する前に海外の団体に使うふ
りをし流用につぐ流用で自分たちの懐に入る仕組みである。

これでも日本国民が納得した形になってしまうのは、多くの人が政治に関心がな
いことこと、マスコミが報道しないので知らない人が多いことが挙げられる。
2012年10月4日現在、いまだに避難所生活や仮設住宅で暮らしている方がいるに
も関わらず、民主党は被災地を見捨てて中国・韓国へとお金を使っているが、私
は最初から民主党は日本の震災に対して「無能なふりをして復興をするつもりは
ない」とブログに書いてきたが、さすがにそこまで非道なことをするのだろうか
という意見もあった。
しかし、実際には「不作為」を続けてほとぼりが冷めればこっそりとお金を流用
し始めているのである。
http://hinansyameibo.seesaa.net/category/10457588-1.html


◆マスコミと手を組む民主党 復興予算流用をなんと新聞・テレビ局への口止め
料として総額30億円も支出
当然、パシリにも分け前がある。大メディアは決して報じないが、復興予算に
は、総額30億円超にのぼる「新聞・テレビへの口止め料」が含まれているのだ。
東日本大震災から3か月後の昨年7月から1か月半、TBSは『夏サカス2011~笑顔の
扉~』と題したイベントの一環で、本社のある複合商業施設・赤坂サカスで被災
地の農産品を即売、『旬の食べ頃』など自社のテレビ番組とタイアップして被災
地の復興を応援する企画を行なった。
実は、そのイベントは農水省の「農産物等消費拡大事業」という復興予算で行な
われ、イベント関連に525万円、番組に2500万円の補助金が流れていた。

同社は今年9月、赤坂サカスで実施した地産地消の普及イベント(2009年実施)
で、農水省の補助金に補助対象外の土地使用料やスタッフの人件費などを水増し
請求していたことが発覚し、2990万円を返還すると発表した。この復興支援イベ
ントは、農水省の同じ課が担当した同じスキームの事業である。

また、TBSは今年2~3月にかけて、BS番組『ニッポン美味しい笑顔紀行~東日本
ギョギョうま編~』を5回にわたって放映。萩本欽一、農水省「お魚大使」のさ
かなクンらが石巻、気仙沼、釜石など被災地の漁港を回っておいしい魚の食べ方
を紹介した。
これも農水省の「食べて応援しよう!」事業であり、復興予算から5250万円の制
作・放映料が支払われている。税金丸抱えの復興支援番組である。
http://www.news-postseven.com/archives/20121016_149218.html


被災地の復興のためのお金をマスコミに流して「不祥事の口止め料」を払う民主党。
なんどもプログにマスメディアと自民を叩いて、民主党・朝鮮人の不祥事には口
をつぐんできたことを書いた。
それはマスメディアにいる連中に朝鮮学校出身者が多く、民主党の中にも韓国人
の帰化人が多く含まれ、いわばお友達である。
2009年の衆議院選挙でも不正に自民党を叩き、実現不可能なマニフェストを掲げ
てマスコミと一緒になって煽って日本人を騙して政権をとっている。
何かにつけてマスメディアと結託してフェアではない方法で国民を騙している
が、官房機密費をテレビ側に流用するだけでなく、復興費までも流用していたこ
とが発覚。


« 「オスプレイ配備への反対運動」の原因は、安全性の問題ではなく、マスコミの報道姿勢の問題である。 | トップページ

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復興予算を中韓に流し、マスコミへの口止め料に流用する民主党:

« 「オスプレイ配備への反対運動」の原因は、安全性の問題ではなく、マスコミの報道姿勢の問題である。 | トップページ

他のアカウント

ツイッター

最近のトラックバック